ITコーディネータを活用する

ITコーディネータとは

ITコーディネータとは

経営とITの両面に精通したプロフェッショナル。

ITコーディネータは、経営者のみで判断することが難しい、様々な問題やデータの情報収集。分析を経営者の立場に立ってお手伝いし、「企業にとっての最適な戦略的IT投資」を支援・推進します。

ITコーディネータの役割

ITコーディネータの役割

ITコーディネータは国をはじめとする公的機関による各種「中小企業IT化支援施策」を活用しながら経営課題の解決をお手伝いし、ITの導入から活用までをトータルに支援します。

ITコーディネータがお手伝いします

ITコーディネータがお手伝いします

  • 企業の新たなビジネスモデルづくり
  • 経営者に対する助言及び支援
  • 人的リソースの調達・プロデュース

ITコーディネータ5つの特徴

誕生の背景

ITコーディネータは、「経済産業省推進資格」で「IT新改革戦略」の中でも重要な人材と位置付けられています。

経済・社会的役割

ITコーディネータは、ITソリューションビジネスの中心的な担い手で、企業のCIOの人材源としても注目されています。

行政による支援

ITコーディネータの登用により、政府による中堅中小企業支援を積極的に活用することができます。

実務上の能力

ITコーディネータは、経営戦略からITサービス活用まで、IT経営の全工程を一貫してサポートします。

制度の特徴

ITコーディネータは、実務と継続学習の義務化で、高度な知識と実務能力を常に維持しています。

このページの先頭へ